戸籍法改正案に思う | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

戸籍法改正案に思う

2006年12月22日


戸籍法の改正を叫ぶ人権団体の真の狙いは、戸籍法廃止にあると思われる。


理由は、戸籍が旧身分制度のもとで作られた経緯にあり、現在戸籍にその名残は全く無いが、
戸籍は身分差別と密接なつながりがあるとの考え方が根拠にあると思われる。


その考えに一定の理解はできるが、戸籍は我が国において人の身分(階級的身分ではない)を公証する唯一の資料であり、
これを廃止すれば社会の秩序は保てなくなる。


従って、戸籍制度が身分制度と根っこを同じくしているとして問題視するのであれば、新たな制度(戸籍に代わるもの)を作っても構わない。


私が主張したいのは、人の身分を公証する資料は公開でなければならないと言うことであって、生死・親子・兄弟・結婚・離婚くらいは、
その気になれば誰でもが判るシステムにしておかなければ社会の安全や秩序の維持が保てないと思うからである。


次期国会で政府が戸籍法の一部改正を行おうとしている理由の一つに、
 


「戸籍の中には、摘出でない子や離婚歴など他人に知られたくないと思う事項が含まれている。
従ってプライバシー保護の観点から公開制限を加える必要がある」と述べている。


最もな考え方のように思われるが果たしてそれでいいのだろうか。所謂、プライバシーの考え方を前面に出し、
知られたくないと思う事項は全て隠すことが可能な社会を形成しようと考えているとしたら、これは大変な間違いである。あえて言うなら、
犯罪を助長し擁護するシステムを作る為の改正とさえ言える。


美しい日本平和な社会とは、
人が人を信用することができ安心して暮らせる社会の事である。


ところが個人情報を完全に保護すると
顔の見えない匿名社会となり、
人と人との信頼関係は築けなくなる。


行き過ぎたプライバシーの保護はプライバシーの侵害につながり、過度の人権擁護は人権侵害につながる。

  今回の戸籍法改正の大きな目的は、交付請求の制限である。

 現行、
「何人も理由を明らかにして戸籍の交付請求をすることが出来る」となっているのを、


「自己の権利若しくは権限を行使するために必要がある場合は、戸籍謄本等の交付請求をすることができると」 改正しようとしている。


一見、第三者でも権利、権限の行使に際しては戸籍入手が可能であるかのように読み取れるが、これは言葉のまやかしであって、
一般の第三者は絶対に入手することは不可能になる。


所謂、交付請求はできるが交付はされないということです


この事はよくよく考えなければならない。現行法では「何人も理由を明らかにすれば戸籍の交付請求はできる」となっているにも関わらず、
一般的には交付されない。それを今回は法律で、「権利権限の行使に限り交付請求が出来る」と改め、
有資格者以外は全てシャットアウトしようとしており、有資格者でも詳細な理由を示さないと容易には交付しないようにしようとする改正であり、
「自己の権利若しくは権限を行使する必要があるときは、第三者でも交付請求はできる」として、
公開原則は貫いているかのように欺瞞しているもので、改正されたら市町村長は絶対に第三者請求には応じなくなることは明白である。


結婚や商取引など相手が如何なる人なのか知りたいケースは社会生活を営む以上は頻繁に生じるが、戸籍や住民票(新聞報道によると、
住民票も今以上に交付請求に制限を加え、事実上第三者は取れなくする改正案を次期国会に提出)
が取れないとなると本当の事は何一つ判らなくなる。


名前も生年月日も親子関係もすべて確認の使用がない。


ただ、相手がいう事を信じるしか方法が無いことになる。結婚を前提に交際していて、アレッと思うような事があっても、彼、
彼女が既婚者なのか離婚暦があるのか、子供が居るのか居ないのか、だだ相手が言う事を信じるしかない。このようなケースだと法律でいう
「自己の権利・権限」があるように思われるが、役所の窓口で、その事をどうして証明するのですか?。
二人でホテルに入る所の写真でも示すのですか・・、それとも何処かで婚約証明書でも書いてもらうのですか・・、公証人役場などで・・。
そう言えばこの前、某賢人がこんな事をお話なさっておられた、「既婚者でも婚約して悪いことはない」、尤もな話である。
離婚して結婚する約束をするのであれば何も問題はない。ところが現実はそんなに甘くなく、既婚者であることなどおくびにも出さず、
結婚を匂わせ彼女を口説くなどごくごく当たり前に行われている。


人の氏名、年齢、住所など住民票の記載事項にプライバシーが存在するのか・・?。


意見は分かれているが、氏名、年齢、住所などは単なる個人識別情報であってプライバシーとは何ら関係ないというのも有力な説である。


戸籍の記載事項には、その他親子関係、結婚・離婚などがあり、より多くの個人情報が記されており、
住民票より扱いが慎重になるのは一定理解できるが、
社会の安全や秩序維持の為にはある一定の個人情報が公開される必要があるのも自明の理である。


個人の利益よりも公共の福祉が優先されるように、個人情報保護よりも社会の安全や秩序の維持が優先され、
そのため一定の情報を公開にする事は止むを得ないことである。ところが、今の日本は、個人の利益や権利が何にも優先し、
人権やプライバシーが余りに優先されるが故に、社会の中に大きな歪ができ、親子の関係さえおかしくなってきている。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2006/12/post_98.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK