二人旅NO2 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

二人旅NO2

2006年10月25日

翌日曜日は早々に朝食を済ませ、AM9時には熊野本宮の大鳥居(日本一)の下に立っていた。そこを出発点に本宮にお参りし、
そのまま往復約8キロの熊野古道を歩くことにした。鬱蒼とした杉林の中をただただ黙々と歩く。聞こえるのは野鳥と虫の声だけ、
都会の喧騒を忘れ、古代人のごとく自然の中に遊んだ2時間半であった。

本宮前の小奇麗な食堂で昼食を済ませ、岐路に着く。途中、文武館があったという十津川高校に立ち寄ったが既に文武館は無く、
高校のグラウンド横に中沼了三先生の立派な碑が建っていた。幕末の頃、戸津川郷士の血気盛んな若者が尊皇攘夷、
勤皇の心に燃え立ち上がった旨が記されていたが、隠岐騒動(明治元年、松江藩の隠岐郡代を追放し、自治政権を行う。無血革命による隠岐維新)
の思想背景ともなった中沼了三先生の凄さを改めて思い知らされた。

十津川高校を後に暫く走ると、玉置山12キロの看板が目に入った。エッ、12キロで玉置山、それならとUターンして玉置山へ、
ところがこれが大変、急勾配のS字カーブを延々30分、やっと駐車場についたが、玉置神社にはそこから未だ徒歩30分。しかし、
標高千メートル以上の玉置山に創建された玉置神社は霊気に包まれた幻想的な眺めであった。往復2時間を要した大変な寄り道であったが、
2時間で1年程命が伸びたかも・・・。

そんなこんなで帰宅したのは20時近くなっていた、20数年ぶりの楽しい二人旅であった。

sh0205.jpg
sh0202.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2006/10/post_89.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK