探偵業法 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

探偵業法

2006年04月25日

先週末、金・土は東京出張。定例のNPO全国調査業協会連合会の理事会出席がメインであるが、
夜は高校の同級生が営む鮨屋(笹塚駅近の鯛寿司)に同級生5人が集まり、
還暦の打ち合わせで深夜まで大騒ぎ。翌土曜日は、麹町に昨秋オープンした「鮨江戸時代
の2号店出店計画の打ち合わせ及び予定地(神田駅前)の下見。午後は船橋の友人(1級建築士、姉歯ではない)
が新事務所を出したお祝いに出向く予定であったが時間が取れず失念して帰阪。そして、あくる日曜日は、
2年に1度の隠岐人会。年初から頻繁に準備を重ねて来た甲斐あって、何と287名参加の大盛会となった。
多忙な週末であったがそれなりに充実した楽しいものであった。

全国調査業協会連合会での話題は何と言っても業法問題。
今国会で成立と思いきや中々そう簡単でもなさそう、出版社やフリーライターから業法に対しクレームの声が上がっているという。

所謂、探偵業の定義が、「探偵業務とは、他人の依頼を受けて、
特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接する聞込み、尾行、
張り込みその他これらに類する方法により実施の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。」となっている。

よくよく読んでみると、この定義からするとマスコミ系のフリーライターなどが抵触する可能性は大いにある。そこで報道の自由、
表現の自由、知る権利などがクローズアップしてくるという訳。

最もな話である。解決策としては、マスコミ系は「適用除外」、多分これしか無いのでは。

 

関西隠岐人会は、
10年前に隠岐島の各町村の出郷者の会が連合会的な形で集まり結成された親睦会である。従って隠岐島出身者が全員対象者であり、
多分現在の隠岐島在住者よりも多いのでは無いかと思われる。そんな事もあって各町村長、商工会長、観光協会長、
町村議会議員さんなど島の要職にある方々の多くが出て来てくれる。それだけに準備も大変。しかも全て手作りであり、
12時の開催ではあるが朝9時からその準備に追われ、御開きが15時。それで終わりと思いきや、
ご苦労さん会と称しての2次会に引っ張られる。アルコールは嫌いでは無いが強くは無い小生に取っては少し辛いものがある。しかし、
歳と共にこうした役柄が増えるのは自然の成り行きか・・、余り愚痴らずに役目を果たすことにしよう。

そんな事で明日はまた隠岐人会のゴルフコンペ。これも幹事役を遣らされている。呼びかけにひと苦労するが、
それでも6組22名の参加者があった。明日ははりきって大いにたたく事にしよう・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2006/04/post_66.php/trackback

コメント

  1. 2・26事件

    入社して2年目の頃。職場内のゴルフコンペがあった。今までゴルフを一回もやったことがない課長が初めてゴルフコンペに参加した。その課長。借り物のゴルフ用品一式に、何…

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK