郷土の誇り、 その後プライバシー | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

郷土の誇り、 その後プライバシー

2005年11月21日

昨日(日曜日)、関西西郷会(隠岐の島の通称島後と呼ばれる島の中心部、
旧西郷町出身の関西在住者の会)の総会に、近畿国賀会(隠岐の島の島前地区、西ノ島町出身者の会)の会長を務めている関係で招待があり、
参加した。島は違っても同じ隠岐の島の出身。顔見知りの人も多く、楽しい一時を過ごすことが出来た。

なんと、その中に教王護国寺(京都の東寺)の長者、砂原秀遍氏がお見えになっていた。
東寺の長者と言えば真言宗最高位の方である。そんな偉い方が何で関西西郷会に顔を出しているのか・・・。

実は、砂原さんは隠岐の島の出身なのです。まさに郷土の誇り。
御自身挨拶の中でもお話になっておられたが、学歴は尋常小学校卒。「仏の道に学歴は関係ない」と言えばそれまでだが、それにしても凄い。
普通であれば直接お話など出来ない方だが、とにかく気取りのない気さくな方で、私ごときにも気軽に応じてくれた。ありがたいことである。
何時もながら充実した休日であった。

そんな良い気分で出社したが、今は少し血圧が上がっている。このブログを書いている横で調査員が
何がプライバシーだ・・」と、怒り心頭に達した感じで電話で怒っている。「何を怒っているん・・・?」
、調査員に問いただすと、こんどは、調査員の答えに皆が大笑い。楽しくて笑うのではない、笑うしかないから笑っている。

調査員曰く、「古い所番地なのか地図を幾ら調べても場所が特定できないので該当地の役場
大阪の阪南市役所」に電話を入れ、○○町○○番地はどこらでしょうか、
地図を見ているのですがよく分からないので教えてください・・、」、と尋ねた。するた役場の女子事務員、「エッ、それは教えられません、
一寸まって下さい」、そこで上司らしい人に電話を変わる、そこで調査員が再度繰り返し住所を尋ねると、その上司曰く
それはプライバシーですからお応えできません」とのたまったとのこと。
個人名を出して住所を尋ねた訳ではない・・。ただ単に住所を聞いただけであると言う。そこで、
何がプライバシーだ」とつい大声になったとのこと。 やはり笑うしか方法がない・・。
笑い話でない本当の話。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2005/11/post_43.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK