我が家の庭とその後の金魚 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

我が家の庭とその後の金魚

2005年06月21日

香里園に小さな庭付きの家を購入して早や20年。転入当初から我が家の庭は穴ぼこだらけ、と云うのは、
私も妻も多少なりとも環境問題に興味を持っており、ささやかではあるが出来るだけ家庭ゴミを出さないよう心掛けてきた。その結果である。

生ゴミ一切を、庭に穴を掘り埋める事にしている。自然の力は恐ろしいもので、家庭の生ゴミ位は1?2ケ月で殆ど土に返す。
土壌菌のなせる業とは思うが、それは驚嘆に値する。結果、毎年春先になると庭のあちこちから色んな芽が顔を出す。
中でも元気が良いのがカボチャである。所せましと我が物顔にツルを伸ばし、庭木も花もあったものではない。抜いてしまおうかと思うが、
なんとなく愛おしい。そのうちに黄色い花を咲かせ実をならせるのだ。そうして毎年夏場には無農薬カボチャにありつけるのである。
今年は例年にも増して豊作のようで、小さな庭がカボチャのツルだらけで生垣にまでよじ登っている。
多分もう少しすると我が家の生垣にはカボチャの実が御目見えするかもしれない。また、今ひとつはトマトである。
今まではトマトは上手く育ったことはないように思うが今年は元気が良い。何時の間にか妻がトマトに添え木をしている、
こうなるとさすがに引き抜く訳にはいかない。今年は無農薬トマトにもありつけそうだ。それにしても生垣にカボチャはどうも・・・、
住人の顔が見たいなどと・・・。我が家には年頃の娘が3人もいる。結婚の聞き合わせでも有ろうものなら・・、「ちょっと考えさせて貰います」
の返事になることは間違いなさそう。マアーそれはそれでいいか・・・。

5月16日のブログに書いた金魚の赤ちゃん、生後1ケ月を過ぎ体長1cm程に成長。
100匹ほど居た稚魚が生存競争の中で今は15?6匹になっているが透明の肌で胃の内容物が見える。
それを見るのが毎朝の楽しみになっている。実はその後、次男次女も生まれ、今は3男3女が孵化の準備を始めている。
このまま上手く行くと金魚の餌代で、夕食のおかずが一品減るのでは・・・と心配する此の頃である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2005/06/post_21.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK