金魚の赤ちゃん | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

金魚の赤ちゃん

2005年05月16日

我が家では17年程前から水槽で金魚を飼っている。特に金魚が好きという事ではないが義父が金魚やめだかの飼育が好きで、
それを分けてもらった事が切っ掛けである。以来今の金魚で3代目。2匹居て共に6年程になる。
今までは春先になっても産卵の気さえなかったが、今年は10日程前に水槽の淵に卵らしいものを発見。慌てて水草を入れ産卵準備をすると、
すぐに応えてくれた。水草を別の容器に入れ静かに孵化を待つこと10日、無精卵かとあきらめかけていた矢先の昨日、
なんと糸くずのような極小の稚魚がかすかに動いているではないか。妻子と共に大騒ぎとなった・・。さて後どうしたものか。
早速妻が親戚の大和郡山(金魚の里)へ電話をし飼育方を伝授してもらう事に、「最初は牛乳一滴、その内にゆで卵の黄身をひとかけら」
との事であるが・・・どうなることやら。どなたか金魚の子育てに詳しい方がおられましたらお教え下さいませ。伏してお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2005/05/post_15.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK